言い訳してもイイワケ

捻りも何もでん。 ブランクがあると理解していただこう。 約2ヶ月ぶりの記事になるんだねぇ・・・。 ※以下、言い訳などなど 2週間に1冊になるなど、 ちょっと悔しい読書習慣。 北方水滸伝を読みつつ、 貸し出し中であれば浮気なども少々。 佐藤多佳子サンとかいいわー 自転車など運動。…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

続・某熊谷友人の呼び出し

日を改めるとテンションが違うことがわかってしまう。 文面的にも違ってくる。 自分も含め、読むヒトには諦めてもらおう。 さて、つづき・・・ <15:00> その日は暑かった&風が息が出来ないほど強く(少しおおげさ)、 1時間も歩いているとノドも渇く。 手持ちの金で買ってもよかったが、 考えてみれば1本買…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

某熊谷友人の呼び出し

誰でも気の迷いというのが時折ある。 (と書いている最中に地震アリ・・・不吉な) ワタシにとって本日は正にソレなのだろう。 今日は午後から空いた時間が作れたもので、 久しぶりにぶらっと出かけてみようという気持ちになった。 しかしながら外は強風注意報が出ているほど荒れている。 天気はほどほどによかった為、 はまなす公園…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぴんぴんころり

『ちょい太でだいじょうぶ』(鎌田實) 長野県のとある病院名誉院長が、メタボについて書いた本。 ちょっと太めくらいのほうが健康にはいいんですよ! っていう内容(かなり大雑把ですが)。 難しい言葉で書かれていない為か、非常に読みやすい。 よくある健康本とは一線引ける、かもしれない。 ちょい太めでもいいんだよ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今生の別れコント

『夢をかなえるゾウ』(水野敬也) ビジネスマン向けの自己啓発本らしい。 ワタシにとって、自己啓発本というのは苦手なジャンル。 元来素直ではない性格のせいか、 この手の本には疑わしい目を向けてしまう。 講習やら体感的に出来るものは、 その限りではないと思ってはいるのだが。 しかしながら、この書はちと違う。 主人公はどこ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「姉さんには関係ないでしょう」

それは負けを認める一言であり、 会話のルールを破る一言であり、 本来、昼間のプライドが許さない感情的な一言でもあった。 さておき、約1ヶ月ぶりの記入となってしまった。 年末年始で忙しい、という言い訳をしつつ、 合間を縫って本を読んでいたり、 映画を観ていたりしていた。 <映画> 『しゃべれども…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

余所見運転は用水路落下のモト

走行距離:38km(だいたい) 時間:3時間(休憩含み) コース:鹿嶋⇒潮来⇒行方⇒鹿嶋(大雑把) 走行方法:ほふく前進(ウソ やはり湖畔は風がキツイ時もあり、 曇りがちな天気で寒かった。 前回同様湖畔コースを選んだのは、 道が比較的整理されており、 自動車の交通量が少ないからだ。 今回は潮来で白…
トラックバック:5
コメント:5

続きを読むread more

一期一会という茶の心

『しゃべれども しゃべれども』(佐藤多佳子) 主人公は若い噺家(落語家)。 粋というのか、頑固で短気で喧嘩っぱやい性格でありながら、 優しいとは違うヒトを放っておけない性分。 まだまだ仕事においても課題多き主人公に、 ひょんなことから4人の生徒(というのだろうか)ができる。 その4人も非常にそれぞれが個性的であっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

将軍と呼ぶな

『水滸伝6』(北方謙三) ひさしぶりに借ることができたので 前回を思い出すのに少々不安があった。 しかし前回の大きな戦い等の印象が強く、 早い段階で思い出すことができた。 将軍と呼ぶなジーちゃんがステキな巻。 今回も大規模な戦いはあったものの、それはどうでもよく(ぉぃ 戦闘以外での部分を熱く書かれていたの…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

静かな湖畔の

晴れるとマダマダ暖かい。 てなわけで、マイ自転車にて散歩?してきました。 ちょっとそこまでの予定が、 往復20数キロの距離に・・・。 北浦湖畔を走ってきた為、 弱めとはいえ風があり、 だらけきった身体には少しキツめでした。 湖畔には釣りしてるオッチャンとかがチラホラ。 「何釣れますかー」 とか話せればいいん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

故人

メモ的に。 うーはー、最近?でもないが重い話ばっかかも。 まぁ、こんなヒトだから仕方ない。 全容はめんどいのでパス。 きっと記すうちにもっと深くまで堕ちてしまうと思うし。 故人に対して、遺されたヒトらってのはどう接するべきなのか。 人それぞれといったらそれまでかもしれんけど。 物理的に接するこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

父は一郎、子は二郎

『サウスバウンド』(奥田英朗) 直木賞とかとった作品なのね~知らなかった。 映画にもなっているのは知っていたが観ていない。 近いうちにビデオでも借りてこようかと思います。 父が元過激派。 名は一郎。長男の名前は二郎(素晴らしいセンス)。 なんだかんだと起こる騒動を記した近代文学。 大きくわけて2部…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

211cmとか285kgとか

今年は珍しくほぼフルでグラチャン観ております~ ひ、暇ってわけじゃないんだからね!      ? いつもは女子のほうをメインで、 男子はオマケ程度でしか観てなかったんですが、 いやー男子も馬鹿にできねぇ・・・。 女子はラリーが続くしー 男子はスピード&パワーでスゴイんだけど 全体的に淡泊というイメージ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

あーつかれた

『憑神』(浅田次郎) つくがみ?つきかみ? 正解は つきがみ でした。 映画や舞台にもなっているようですね。観たことないけど。 時代は幕末。 将軍の影武者を代々務めてきた由緒ある家柄の出である別所彦四郎 という主人公のオハナシ。 史実うんぬんとかはどうでもよく(? その時代の武士と、それをとりまく神様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

400ml

今日はやたら冷え込みます。 PCうつのがキツイ時期になってきた・・・。 世間ではエコだかで、ゆたんぽが売れ筋のようですが ゆたんぽじゃ~部屋はあったまるまい! さて、今日は先週やった献血の結果が戻ってきましたよ。 前回献血を行った際、 献血カードが紙からプラスチックにバージョンアップしたわけですが、 暗証…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

みそすーぷ

『インザ・ミソスープ』(著・村上龍) 読破ッ! 珍しく一気に読んでしまいました。 内容は現代もののサスペンス? ジャンルとかはようわからんですが、 人がばっさばっさと○されちゃう話ですね。 まぁそれがメインではないのですけど。 精神心理学・・・とも違うのか? まーそんな話(つっこみ拒否 少し前から…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

EKIDEN

『風が強く吹いている』 という映画を観てきました。 駅伝の話。 なんで、あぁいった話を観ると走りたくなるんだろう(単純 それはそうと! 『水滸伝』の5巻読み終わりましたー 期待通りというか、 期待はずれであって欲しかったというか、 もう涙なしでは語れない展開でした。 小説で泣いたのは久々か…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

どうなるどうなる

数週間前に映画観てきました(またか)。 「南極料理人」 しゅーるな作品。たまにはこんなのもよいかと思われます。 主演が姉の嫁(?)ということと、 一般にゃ~ウケない作品だけどウフフな何とも言えない優越感でした。 さておき、 2週間に1冊ペースで読んでいる、 「水滸伝」(北方謙三) 読む前は敬遠していま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

まわしものではありませぬ

なんか予定に入ってなかったのですが、 本日一足先に選挙いってきました。 夕方いってきたんですが、思った以上にヒトがおるおる。 前回の期日前投票と異なり、 身分証明をしなくてもよかったのには驚きましたが無事終了。 案内のおっちゃん達の対応もよかったです。 毎度思うのは裁判官の辞めさせたい人は~? とか聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さまー

暦ではもう秋ですが。 先々週になりますが、観てきましたよ!サマーウォーズ。 えらい感動して後半ずっと涙をこらえるのが大変でした。 ストーリーとか構成とか、 あの手の作品に慣れた人なら「よくある」パターンの1つ、 なんでしょうけどね。 「今」の「ワタシ」だから感動をもらえたんじゃないかと。 いまのとこ今年イ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more